婚活トークテクニック

婚活パーティーのトークタイムのテクニック(女性版)

婚活パーティーのトークタイムでは、自分のことばかりしゃべってしまうと相手側からイメージダウンにつながることもあります。基本的には、聞き上手になることが大切です。相手が話している内容をよく聞いて楽しい会話となるように流れを作っていきましょう。コミュニケーションをとるという場合の基本的な部分ですが、会話などがしにくい相手というのは、どうしてもイメージダウンにつながり敬遠されがちです。婚活パーティーならその点などもよく注意しておきながら、できるだけ会話がしやすい、楽しい会話となるようにまずは、相手の話を聞くこととお互いに会話しやすい状況を作り出すということが重要なポイントといえます。

また、アイコンタクトなども大切です。目線を合わせずに会話するよりもきちんと相手の目をみて、話すことで信頼性が高まります。ただし、人によっては目を合わせるというのが苦手というケースもあるため、そのような場合には、直接相手の目をみなくても、少し目の下のほうに視線をずらして会話してみるなど工夫をしてみるといいでしょう。
もう一つ、好印象を与えるポイントとしては笑顔です。無表情やあまり感情を出していない状態で会話していても、相手のほうが不安になってしまいます。機嫌が悪いのか?自分に対して不満があるのか?などいろいろと不安になってしまうため、婚活パーティーのトークタイムではできるだけ笑顔をキープしておくことが大切だといえます。

女性もドレスがベターかと言うとそうではなく、場所と時間に合わせて婚活パーティの服装は選んだ方が良い。とにかく女性の服装は場所の特性がでるので、銀座ならアダルトに、青山会場ならオシャレにと言う感じで開催地にあったイメージを作ろう

ちなみに婚活パーティに参加する人はそれほど女性に対して免疫が強いわけではなく、派手目な格好や強い香水、過度な露出はいくら似合っていても躊躇してしまう。とくに結婚を意識した男性は派手好き、ブランド好きの女性はお金がかかりそうで嫌だという人も多い。

実際に婚活パーティでもてる男の服であるが、これを考えるには世代別の芸能人高感度ランキングなどを使い世代別に男性が好む芸能人を把握することと

その中で自分とキャラクターが似ている人、体系が似ている人の服装を真似ることである。どの世代にもてたいのか?それをしっかり見据えるとよいだろう。

婚活パーティーのトークタイムのテクニック(男性編)

婚活パーティーは個々とお話が楽しめる時間がそう長くないため、焦りからつい急ぎ足で自己紹介をしてしまう男性は少なくないですが、たとえ時間に限りがあるとは言っても唐突にお話してしまうと忙しない印象になってしまうので、まずはしっかりと初対面ならではの挨拶とお話できて嬉しい旨を笑顔で伝えましょう。
実は婚活パーティーにおいて女性が男性の総合評価をするのは、お話を開始してから3分間以内であるとされているため、男性側においては勝負は最初の3分間という事になります。
もちろん、勝負は最初の3分間とは言っても3分間のみ尽力するだけでは良くないですが、挨拶も無く聞き取れないような小さな声と悪い滑舌でお話するよりも、相手の目をしっかりと見て笑顔ではっきりと挨拶から話し始めると、たとえ当初は相手からタイプではないと感じられていたとしても、良い関係性に発展できる可能性が得られます。
また、男性は会話の中で沈黙が流れてしまう事を過度に恐れてしまう傾向にあるため、沈黙が生じないように話し続ける方も少なくないですが、男性が一方的に話し続けると女性側が圧倒されたり置いてけぼりの状態に陥ってしまいます。
そのため、沈黙を避けたいのなら一方的に話すのではなく上手な質問を投げかけ、相手にお話して頂くように工夫すると良いでしょう。
ただし、質問が増えすぎてしまうとまるでインタビューのようになるので、会話の中で共通点を探すようにし共通点をきっかけに会話のキャッチボールが行えるようにすると自然です。